「テレビのネタもと! (ベトナム情報 Vol.02)」 ※ベトナム ロケコーディネート の ロコファクトリー


locofactory vietnam satellite

番組制作 ご担当者

いつもお世話になっております。

ベトナムロケコーディネートのロコファクトリーです。

ロコファクトリーでは「テレビのネタもと!」と題し、

Web上にあるベトナム情報をお知らせいたします。

なにか少しでも番組ディレクターの方々のご興味をひくようなネタがありましたら、

お気軽にお問い合わせください。

追記:「ベトナムの気になるニュース!」も、今回から「テレビのネタもと!」に統合させていただきました。

チョコレートドリーム・フロム・ベトナム!カカオ農園の社会見学に行って来た。

ベトナムスポーツ界“16年の顔”は史上初の五輪金メダリストの「ホアン・スアン・ビン」

2016年に輝いたベトナム人若手アーティストたち!

2016年ベトジョー特集記事アクセス数ランキング

 1位 「ベトちゃんドクちゃん」分離手術の知られざる裏側【前編】
 2位 「ベトちゃんドクちゃん」分離手術の知られざる裏側【後編】
 3位 ベトナムに実在した多夫多妻の村
 4位 ホーチミンに50年以上存在する「死神市場」、移転計画も進まずl
 5位 1度は行くべき、ホーチミンのユニークな市場7選

情報提供: 各webサイト


VTV 「VTVニュース(国営放送)」より

【2016年12月20日】
・青森(日本)のリンゴが「インティメックス(Intimex)」(スーパーマーケット)などで正規販売が開始されます。これはベトナムと日本で決められた農業の協定内容を反映し実現しました。日本の今年の輸出量は200tを目標としているそうです。インティメックスの他、「Big-C」、「uni mart( ユニマート)」などでも販売するそうです。

【12月18日】
・15日夜、ホーチミン市のレバンタム公園で「世界各国のおいしい料理フェスティバル」が開催され、150個のブースが5つのエリアにわかれ五感をしげきしました。

・11月初めから連続して洪水がおこっている中南部のビンディン省では、15日夜から16日未明の洪水で住民約1,000人が非難をしました。また、クアンガイ省(Tỉnh Quảng Ngãi)では大雨に加え水力発電所や貯水池の放水が行われ15日午後から河川の水位が急速に上昇しました。

【12月16日】
・この一ヶ月の間に大雨による洪水が4回起こった中部のビンディン省では、家が倒壊した世帯は4,000万ドン(約20万円)の支援が受けられます。倒壊した家屋は400棟だそうです。

・厳しい旱魃(かんばつ)の影響を受けた中南部のニントゥアン省(Tỉnh Ninh Thuận)で、ユニセフベトナムは農業地方開発省と連携し、子供に関連する自然災害のリスクの調査と報告を行いました。

【12月9日】
・農業地方開発省によると2016年1月からの米の輸出量は454万トンとなり、去年の同じ時期と比べると25%、輸出額にすると20%の減少だそうです。米の輸入の自由化のよる政府間の取引が減少しているのも理由のひとつと考えられています。

・中部と中南部では大雨による洪水などの被害が続いています。中部クアンガイ省(Tỉnh Quảng Ngãi)では被害者が10名、10戸が崩壊、浸水した家屋は1,800棟だそうです。また、水田700ヘクタールと畑3,500ヘクタールにも被害がでている模様です。また、ビンディン省(Tỉnh Bình Định)でも9名の被害者がでているようです。

【12月8日】
・メコンデルタ地方では長雨の影響で、旧正月用の花の育成に影響がでています。

・ベトナム人の米の消費量が減少しているそうです。外国食品などへの食文化の移り変わりが影響していると思われます。

・世界各国の15歳の学力を測定する「国際学力調査」の結果、ベトナムは科学が8位(72国中)だったそうです。この調査は経済協力開発機構により開催されているようです。ベトナムが初参加したのは2012年だったそうです。

【12月7日】
・ベトナムの観光総局は、中国でベトナムの観光地を紹介するプログラムを展開しています。2015年にベトナムを訪れた中国人観光客は200万人を超え、前年比50%以上の増加だそうです。特にニャチャン、ダナン、フーコック島などのビーチリゾートは人気だそうです。2020年前に外国人観光客を1,500万人を受け入れる予定で、その内の27%は中国人と見通しているようです。

・中部地方のクアンナム省(Tỉnh Quảng Nam)では、ここ数日降り続いた雨の影響で3名が死亡、2人が行方不明となっているようです。また、洪水のため河川周辺の数十の村が孤立し、公安や軍が対応しているそうです。洪水による農業への被害も深刻ということです。

【12月6日】
・ホーチミン市のトゥドゥック大学では、ジカ熱対策としてシンガポールでジカ熱が流行した際に使われた薬剤散布術を試験的に試みたそうです。

・中部高原ラムドン省では松林の減少による地滑りの被害が増えているそうです。これまでに数百ヘクタールの用地が失われ、およそ1、000戸の家が流されたそうです。

【12月2日】
・12月1日は「世界エイズ・デー」ですが、ベトナムでは「エイズ防止国家行動月間」がスタートしたそうです。現在、ベトナムにはエイズ感染者数は230,000人で、太平洋アジア地域では5番目に多い国だそうです。感染者数は毎年10,000~12,000人増えているとのことで、2020年までに国民の0.3%未満にすることを目標にかかげているそうです。

・ベトナムは気候変動を最も強く受ける国のひとつですが、特に南部のメコンデルタ地域への影響は深刻だそうです。1年前に陸地に建てられた家が、現在では海の中に建っているような状態になっているケースもあります。侵食や土砂の崩れの影響が早い場合、キエンザン省(Tỉnh Kiên Giang)では80年以内に80%の面積を失うと見られているそうで、海岸線が70kmにおよび崩れる予想を立てているそうです。実際に6~7年前に比べ、300~400mが崩れたそうです。また、カマウ省のビーチでは海岸が陸地に向かい1kmも侵食されたそうです。

・海の環境汚染がおきて7ヶ月が経過した中北部地方では、いまだ観光業の回復がみられません。クアンビン省(Tỉnh Quảng Bình)の観光業界は、海の観光に代わり「チャイ川」と「土肥洞窟」がお勧めとしているそうです。

---------------------------------★

【ベトナムでの撮影・ロケやエンタテインメントに関わるコーディネートはお気軽にご連絡ください】

★ お問合せ

・ベトナムサテライト / 松 崎 e-mail: matsuzaki@locofactory.jp
 mobile: 090 3227 5459 (日本国内用)/ (84)906 797 564 (ベトナム国内用)

・ロコファクトリー 東京オフィス / 上野 090 1460 0147(docomo)
 TEL : 03 5429 2459 / FAX: 03 5429 2460

---------------------------------★

★ 株式会社 ロコファクトリー / LOCOFACTORY,Co.,Ltd. < タレントキャスティング・イベント制作・メディアコンテンツ制作など芸能業務全般

★ ロコファクトリー・ベトナムサテライト / LOCOFACTORY Vietnam satellite
<ベトナムロケ・撮影コーディネート業務>


★ LOCOFACTORY CHANNEL (web TV)

★ ロコ・ベトナム / LOCO VIETNAM <日越交流情報サイト>

---------------------------------★

What's New
ベトナム撮影コーディネートのこぼれ話しを更新中!
ロコおやじ達のALOHAッは!
プロフィール

locofactory

Author:locofactory
ロコファクトリーは日本での芸能文化活動に関わる業務全般を中心にベトナムでの撮影・ロケコーディネートやハワイに関わる業務を営んでます。

カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR